テレビクルーと

Ⅲ万回もしんで、Ⅲ万回も生きたのでりっぱなとらねこでした。」と最初に書かれている。Ⅲ万人の人がその猫をかわいがり、その猫が死んだとき誰もがす○形泣いたが、猫は一回も泣かなかった。泣くような女々しいことはしないのだ。あるとき、猫は王様の猫だった。しかし、猫は王様なんか大嫌いだった。王様は戦争が上手でいつも猫を連れて出陣していたが、ある日、とんできた矢に当って猫は死ぬ。王様は戦いの最中に猫を抱いて泣き悲しんだ。あるとき、猫は船乗りの猫だった。猫は海なんか嫌いだった。猫は船から海に落ちて死ぬ。このときも船乗りは大変に悲しむ。こうして、猫はサーカスの手品つかいの猫になったり、泥棒の猫だったり、ひとりぽっちのおばあさんの猫だったり、小さな女の子の猫だったりする。いずれのときも猫は死に飼主は大いに悲しむ。しかし、「ねこはしぬのなんかへいきだったのです。」とある。この場面々々に、絵がつけられている。なかなか楽しい絵だ。絵だけ見ていると、人と猫との楽しい交歓の場面などありそうに思うのだが、いずれの場合も「ねこはなんか、きらいでした。

女優さんですからそのことはいいのですが、りえさんが着て 第六章光司の婚約解消おられていたのは紬でした。「着物が大好き」とおっしゃっていたりえさんが、TPOをご存じないとは思えないのですが?(これは本当に婚約会見かしら?なんだか夢の中にいるような気がする。これからドラマの撮影でもやるのかしら?)控室で私は、妙な現実感のなさにとらわれておりました。婚約発表によって〃若貴ブーム〃はピークに達し、二人のことならどんな些細なことでも、ますます大きく記事に取り上げられました。この頃、スポーツ紙の一面に「責高校生をポカリ」という見出しが躍りました。長崎の巡業中に、光司が会場で一肩を叩いた高校生の頭をこづいたというのですが、これは間違いです。後で、巡業から帰ってきた本人から聞きましたが、決してこの高校生を叩いたわけではありません。

子どもは作文にかき、詩にかき、歌にかいて私の涙を否階級的な目ざめを誘っていった。私を階級的に目ざましてくれたのは、あの純真だといわれる子どもたちであった。こうして真実を語ってくれた子どもたちだった。決して優等生ではなかった。中等生、劣等生が私を伸ばしてくれた。私はその頃ロマンチックな空想的な童謡など書いていた。 、今こんな追想を追うにつれて、果してあなたの持つ子どもの中に、こうして真実を語ってくれる子、どもたちがやっぱりいるにちがいないことを思う。そしてそれに気。ついて足をとどめているあなたをもはっきり感ずる。もしそうでなかったら、私はあなたへきつく反省を求めるでしょう。子どもたちの前に呆然と立ちつくすあなたであってはいけない。‐‐I子どもをしっかりと両腕にささえて、ひたむきに進めるあなたでなければならな豚。

EVAインセンティブを更に下のレベル、おそらくハーマン・ミラーやSPXが実行したように、店舗フロアにまで持っていく機会は、時間が経過するにしたがって、開拓されるだろう。こうした細かい点以上に、把握すべき重要なポイントは、たとえ一年目でも、また本格的な企業の再組織の途中であっても、EVAボーナスプランはフェデラル・モーグルにおいて成功するだろうということなのだ。ごく短期間で経営トップが手に入れた自信は、四番目の、そしてもっとも重要なEVAのM、意識改革の領域へ私たちを連れていってくれる。これこそ、究極的に行動の変化をもたらし、勝利チームを作り出すのだ。理想的には、意識改革の植え付けは、フェデラル・モーグルが実行したように、トップから大胆にスタートさせることだ。もちろん、全てのCEOがすぐに確信するわけでもないし、熱意を持つわけでもない。